2009年12月31日

すげー週末といえども年末。



みなさんお久しぶりです。



生きてます。



あたし生きてますよ。



はいっ伊藤です。



やっと落ち着きを取り戻しました。



通常の伊藤になるまで

1日かかりました。



それくらい東京ぞの旅はスゲーかった。



こんなに慌ただしく、泣いて笑った年末は

20年生きてきて初めてであった。



ひとつずつ整理して

みんなに報告するね。



26日。


キュート収録後

21時25分の飛行機に乗るために

JRに乗り新千歳空港に向かう。(ママン付き)



恥ずかしながら心細かった為に

親付きです。



来年は親離れ頑張ります。



JRで高校時代の大好きだった先生

マークに遭遇。



あたしの前の席に座り

ペチャクチャお喋り会で最初は嬉しかったが

ちょこっとマークの話しが長くなっていった為

めんどくさくなりつつあった自分がいた。



マークのお話のおかげであっちゅーまに空港到着。



人がわんさか。



なぜに。



5時代の飛行機から欠航だったらしい。



去年の東京に行けないことを思いだし

また行けないんだとクールに諦めそうになる自分との葛藤が続いた。



とりあえず飛ぶと言われ搭乗口に入り

待つ。



9時25分が10時15分。



10時15分が11時30分。



滑走路が凍っていて飛ばず。



11時30が12時10分。



12時10分になり

まだかな?と掲示板を見ると


どどんと

欠航の文字。



みんな怒る。



よく理解できないままあたしもみんなに紛れ心の中で怒る。



隣のおじさんは

納得いかない納得いかないと

100回くらい呪文のように唱えてて

あたしもその呪文に参加して

納得いかないをひたすら言っていた。



次の日の飛行機に変更するため

2階のカウンターで手続き。



調子に乗って怒ることに参加したため

手続きの列の並びは俄然後ろのほうだった。



3時間ならんだよ。



リアリーに。



おかげで昔からの友人かと思われるくらい

関西からきたお兄さんとお姉さんと語りました。



その節はどうも。



そんでもって手続きを済ませ

11時半の便をゲットできたのであった。



しかし次の日は

1時に爆笑問題の日曜サンデーさんに行く大事な予定が。



確実に1時には間に合わないことが決定した。



ママに迎えにきてもらい

泣きながら爆睡。




続く。
posted by 伊藤沙菜 at 16:02| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする